ボディメカニクスをあなたの暮らしに

体正操法とは

「体正操法」は20年間の整体治療の経験と B.A.C から生まれた全く新しい体操法で、その名の通り「体を正しく操る方法」という意味です。

 “B.A.C とは身体力学・機能解剖学・機能運動学といったさまざまな身体機能研究の成果を駆使して、それを整体治療だけに留まらず、身体機能開発、スポーツコンディショニング・パフォーマンス向上・技術向上、家具や寝具のデザインなど幅広い分野で “誰にでも” 使える形にしようという概念です。

Amazonリンク

●Kindle本がPCでもご覧頂けるようになりました。詳しくはこちら  http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3078592246

体正操法とはヨガやピラティス、その他のストレッチやトレーニングとは一線を画すものです。

それはまるで優秀な理学療法士や整体師に体中を検査してもらった上で、貴方だけの治療を受けることくらい価値のあることです。

例えば、整体治療では矯正を始める前に患者さんの症状を発症させている原因(運動機能不全)を様々な検査で特定して、改善します。毎回、あるいは誰にでも同じ方法で矯正することはないのです。

それは、常に体の状態は変化し、一人一人動きにくい関節・筋肉の場所や、動きにくい方向などが異なるからです。

同じ形のトレーニングや姿勢をいくら目指しても、一見同じに見えて実は個人個人が異なった方法でそれを実現させています。

  体正操法Basic12 は、身体力学・機能解剖学・機能運動学をご存じない方でも、専門家が行うような運動学検査(関節可動域査・筋力検査・バランス検査・触診など)と運動訓練(筋力トレーニング・ストレッチ・関節可動域訓練・機能学習)がいつでもあなた自身の力で手軽に行える画期的な体操です。

  体正操法Basic12 では体の主な関節全ての可動域と筋力バランスを検査し整えることができますので、現在持っている症状の改善ばかりではなく予防目的にも、またスポーツマンやトップアスリートのパフォーマンス向上にも期待できます。

現在、

体正操法シリーズ第二弾「体正操法~理論編」(仮題)

体正操法シリーズ第三弾「理想的な歩行・走行のための体正操法」(仮題)を執筆中ですのでどうぞご期待下さい。

また、本とあわせて皆様の生活のお役に立つような身近なボディメカニクスの話題についても随時更新しております。上の“ボディメカニクスのお話”をクリックしてお好きなトピックをお選び下さい。(スマートフォンでご覧の方は上の MENU を選択してから “ボディメカニクスのお話” を選ぶご覧いただけます。)

体正操法の元になったボディメカニクスがどのような考え方なのかを、具体的に説明した記事を沢山掲載しておりますので是非一度ご覧下さい。

記事

電子書籍「体正操法-TAISEISOUHOU Basic12-」好評発売中!

2013.7.26に電子書籍「体正操法-TAISEISOUHOU Basic12-」をAmazon/Kindle版にて発売いたしました。 一日2つ。一週間で12+呼吸法で体のバランス改善。 「体正操法(たいせいそうほう) …